病み上がったら腹下り
雨が上がった昼下がり

気付けばそこは一艘の
古びたボートの板の上

灰色に染まった空の下
ゆらりゆられ身を任せ

辿り着いたは灰色の街

野原のとかげの腹の中
誰もが知らない腹の底